おさかな料理の基本

秋鮭・いくら料理の基本とコツ


秋鮭のカンタンおろし方(新巻鮭編)


  1. 1.頭を左にして、胸ビレの下から包丁を入れ、中骨に当たるまで切りこみを入れます。ちょっと凍っていたほうが扱いやすいでしょう。

    手順1
  2. 2.鮭を裏返して「1」と同様に中骨まで切り込みを入れ、骨にあたったら力を入れて一気に頭を切り落とします。

    手順2
  3. 3.身は大きいままではなく、あらかじめ2~3つに切り分けてから、それぞれを三枚におろすと比較的楽におろすことができます。

    手順3
  4. 4.背ビレや尾ビレなどを切り落とします。背側から包丁を入れて中骨に当たるまで切れ目を入れておきます。

    手順4
  5. 5.腹側から包丁を入れ、中骨に当たったら、左手で身をやや持ち上げるようにして、身と骨を離します。

    手順5
  6. 6.これが三枚におろした状態です。他の部分も同じ手順でおろすことができます。
    長期間保存するならおろし方「3」の状態でラップに包んでビニール袋に入れ冷凍庫へ。
    2~3日で使う予定がある場合は、「6」の状態を切り身にしてラップに包んで冷蔵庫へ。

    手順6
おさかな料理の基本に戻る
北海道の秋鮭・いくら 秋鮭・いくらのレシピ