おさかな料理の基本

秋鮭・いくら料理の基本とコツ


秋鮭の上手な塩抜き法

しょっぱい秋鮭を美味しく塩抜き

塩鮭の塩抜き方法では、薄い塩水や水に漬ける方法が一般的ですが、ちょっとした工夫で、しょっぱい秋鮭が、風味豊かな秋鮭に変身しますよ。

水にみりんと酒を加えると、水だけで塩抜きするよりもうまみが逃げません。


  1. 1.秋鮭4切れに対し、水2.5カップに、みりん大さじ1、酒大さじ2を加えて混ぜ合わせたものを用意します。
    この溶液だと、秋鮭のうまみが逃げません。

    手順1
  2. 2.秋鮭の塩分や、料理法に合わせて2~3時間から1日以上漬けて下さい。
    1日以上漬けおく場合は、漬ける水を新しくしましょう。塩加減は、鮭の端をなめてたしかめて下さい。

酒粕を使うと、ぐんとテイストアップします。

塩抜きに酒粕を使うと、秋鮭の塩分がやわらぐのはもとより、鮭がぐんとテイストアップします。


  1. 1.鮭4切れについて、酒粕200グラム・みりんと酒各大さじ1、水大さじ2を用意して下さい。酒粕は電子レンジで一度温めると、他の材料と混ぜやすくなります。

  2. 2.鮭に酒粕をからめ、バットなどに入れて冷蔵庫でへ。半日~2日で塩が抜けますが、塩加減は鮭の端をなめてたしかめて下さい。

    手順2
  3. 3.粕はしごいて取り除き、さっと水洗いしてから網焼きにどうぞ。

おさかな料理の基本に戻る
北海道の秋鮭・いくら 秋鮭・いくらのレシピ