北海道の秋鮭・いくら

北海道ぎょれん > 北海道のさかな > 北海道の秋鮭・いくら

北海道の秋鮭・いくら 美しい自然があるから帰ってくる 北海道の「天然秋鮭」。「いくらは家族の健康づくりにも効果的!

北海道の秋鮭・いくらの産地と旬

長い道のりを乗り越え、生まれた川に戻ってくる9月・10月がさけの旬 秋鮭の遡上がはじまる9月ごろから北海道の各家庭では、いくら作りが始まります。

川で生れた鮭は、海へと下り、大きく成長して、再び生れた川へと帰ってきます。
北海道では生れた川へと戻ってくる鮭を、海に仕掛けた大型の定置網で捕まえています。
水揚げのピークは鮭が産卵のために戻ってくる9月・10月。
この時期に漁獲される鮭は「秋鮭」と呼ばれ、北海道のほぼ全域で漁獲されます。
水揚げ量は約12万トンから20万トンの間で推移しています。
また、鮭は、産卵時期以外でも餌を食べるために北海道沿岸を鮭が回遊し、定置網などで漁獲されています。
産卵のために北海道に戻ってきた鮭を「秋鮭」と呼ぶのに対し、「時期を間違えて北海道に寄って来た」という意味から、5月~8月に漁獲される鮭のことを「ときしらず」又は「時鮭」とよんでいます。

北海度の秋鮭・いくらの産地
「おうちde北海道のおさかな」おうちで、カンタン!お魚料理の基本とコツおすすめれしぴ365