浜通信 ひと・くらし

知床に秋を告げる ウトロの鮭漁

浜通信 ひと・くらし(10月) 知床 ウトロ漁港 知床に秋を告げる ウトロの鮭漁

知床半島の西岸、オホーツク海に面するウトロ漁港は、定置網を中心とした沿岸漁業の好漁場として知られている。なかでも、水揚げ量の8割以上を占めるサケ・マス漁が盛んで9月上旬から11月下旬にかけては秋鮭漁が最盛期に――。秋鮭の水揚げに活気づく、知床・斜里町のウトロ漁港を訪ねてみた。

午前7時、雨模様のウトロ漁港に水揚げ開始のアナウンスが響き渡ると、船着き場で待ち構えていた幾隻もの漁船から、ザバーッ!と豪快な水音を上げて大量の秋鮭が一斉に水揚げされた。ウトロ漁港の今シーズンの秋鮭漁は9月6日にスタート。初雪が降り始める11月25日まで続き、その間、漁港は秋鮭一色に染まる。操業漁船は15隻。約1万7000トンの水揚げ量は、漁港別で北海道トップクラスだ。
 北海道のなかでも、とりわけ手つかずの大自然に恵まれた知床の秋鮭は、がっしりと肉厚で脂ののりがよく“知床ブランド”として人気が高い。水揚げ時の細かい仕分けは、その品質を守るための大切な作業の一つ。クレーンに吊るされた大きな網で一気に水揚げした鮭は、10名以上のスタッフがすばやくかつ正確に見極め、銀色に輝く高級魚・銀毛や成熟したブナ、さらにはサイズ、オス・メス、傷モノなど6種類にも分別される。取材日の水揚げ量は約430トン。黙々と仕分けする手さばきに迷いはなく、1トンものステンレスタンクは、あっという間に満杯に。「鮮度が命だからね。仕分けもスピード勝負さ」と、降りしきる雨をものともせず、忙しく手を動かすベテランの漁師さん。朝の水揚げ開始から大漁の日は夕方まで、この仕分け作業が延々と続く。選別済みのタンクはフォークリフトで次々と運ばれ、重量をチェック。入札に備えて、その場で値踏みされてゆく。大網の中で踊る秋鮭と途切れることなく続く豪快な選別作業、くるくると目まぐるしく動き回るフォークリフト……。目の前に広がる穏やかなオホーツクの海とは対照的に、漁港には活気と熱気があふれている。
 そんな水揚げ作業に湧く漁港の一角に、ウトロ漁協の女性部が営む小さな食堂を見つけ、暖簾をくぐってみた。熱々のご飯に、秋鮭のほぐし身とつやつやと輝くイクラの醤油漬けがたっぷりのった「鮭親子丼」を豪快に頬張る。ふっくらとした身ととろりと濃厚なイクラの旨味が口の中で渾然一体となって、何とも豊かでシアワセな気分に……。窓の外では、まだまだ水揚げ作業が続いている。オホーツクの恵みと漁師さんの奮闘に感謝しつつ、“知床ブランド”の誇りをじっくりと味わった。

※下記の写真をクリックすると、それぞれの取材記を見ることができます。

  • 大網で豪快に水揚げ
  • 迅速な仕分け作業
  • 専用の樋で鮭を選別
  • 入札に備えて品質をチェック
  • 選別用のステンレスタンク
  • 出荷を待つ秋鮭
  • 重量のチェック
  • 漁港の風景
  • ウトロ漁協婦人部食堂
  • 漁協直売店に並ぶ秋鮭
前の月次の月
バックナンバー
webマガジンなみまるくん
なみまるくん冊子版バックナンバー