WEBマガジン なみまるくん

浜通信 ひと・くらし(11月) 道東 白糠漁港 晩秋の風物詩 白糠のししゃも漁

道庁前庭の木で行われた子供たちの木登り体験。ロープと足の力だけで上ります。
写真を拡大

道庁前庭の木で行われた子供たちの木登り体験。ロープと足の力だけで上ります。

「北海道 森づくりフェスタ2012」
森づくりを知る多くのイベントが開催されました。

 北海道は、従来の植樹・木育行事をひとつにまとめた「森づくりフェスタ2012」を開催しました。道民との協働による森づくりを進めることを目的とした同イベント。その開催趣旨に賛同し、ぎょれんはCSR活動の一環として協賛を行いました。
 10月20日(土)、札幌市の道庁赤レンガ前庭で行われたイベントには、森づくりに関係した40団体が出展。日高定置漁業者組合が、日高の海と森、植樹活動を紹介するパネルの掲示や秋鮭のつかみ取りを実施したほか、子どもの木登り・木こり体験など、楽しみながら森づくりを学べる体験が各種実施されました。

多くのお客様が訪れたぎょれんコーナー。
写真を拡大

多くのお客様が訪れたぎょれんコーナー。

北海道の畑と海の幸が一堂に。
「ホクレン収穫祭」に今年もぎょれんコーナーを出展しました。

 「ホクレン収穫祭」に今年もぎょれんコーナーを出展しました。
 10月16日(火)から22日(月)までの1週間、札幌市の札幌三越10階催事場において、「ホクレン大収穫祭」が行われました。今年収穫されたじゃがいもや玉ねぎなどの野菜、畜産加工品に並んで「ぎょれんコーナー」が設置され、秋鮭、いくら、昆布、ほたてなど数多くの水産品が販売されました。会場は、年末の贈答品などを買い求めるお客様で賑わうなか、ご自宅で手軽に食べられる食材として、ぎょれんの「揚げたて海の幸フライコーナー」にも人気が集まっていました。

JR札幌駅前南口イベント広場で行われた「秋さけ祭」
写真を拡大

JR札幌駅前南口イベント広場で行われた「秋さけ祭」

北海道の秋鮭を丸ごと楽しむ「秋さけ祭」が開催されました。

 10月6日(土)、JR札幌駅前南口イベント広場において、北海道定置漁業協会主催、北海道秋鮭普及協議会協賛による「秋さけ祭」が開催されました。昨年に続き2回目の開催となる今年は天気にも恵まれ、地元の方や観光客など多くの人が集まりました。全道各地の秋鮭・いくら製品が販売されたほか、11時からはミニいくら丼が、12時からは秋鮭鍋が各500食無料で配られ、長蛇の列をつくりました。秋鮭をはじめ豪華景品が当たるクイズ大会も催され、まさに秋鮭づくしのイベントとなりました。

秋鮭の3枚おろしに挑戦する参加者にアドバイスする浜のおかあさん。
写真を拡大

秋鮭の3枚おろしに挑戦する参加者にアドバイスする浜のおかあさん。

浜のおかあさんが伝授。留萌管内のほたて、秋鮭を使った料理教室が開催されました。

 10月19日(金)10時から旭川市ときわ市民ホールにおいて、留萌管内お魚普及協議会が平成24年度第3回料理教室を開催しました。今回は、新星マリン漁協鬼鹿地区女性部から参加した4名の浜のおかあさんが講師を務め、旭川市内のホクレンショップを通じて応募した21名が参加しました。はじめにがそれぞれのおかあさんが鬼鹿の浜で獲れる魚について紹介したあと、おかあさんの指導を受けながら留萌で水揚げされた秋鮭を参加者が3枚おろしに挑戦しました。その後、2時間でおかあさんからほたての殻むきなどを教わりながら調理し、留萌で獲れた新鮮な魚介類を使い「ほたて貝の野菜煮」や「秋鮭の柳川風」など4品を仕上げました。
 翌20日(土)~21日(日)には、同協議会による販促が旭川市内のホクレンショップ2店舗で行われ、留萌管内特産の南蛮えびやたこ足、加工品等を販売しました。あいにくの雨でしたが、たくさんのお客様が訪れ、料理教室に引き続き大変好評でした。

なみまるくん冊子版バックナンバー