WEBマガジン なみまるくん

浜通信 ひと・くらし(12月) 乙部 爾志海区 初冬の寒さとともに始まる すけとうだら漁

道女性連の平賀会長(右から2人目)が代表して表彰状を表彰状を受け取りました。
写真を拡大

道女性連の平賀会長(右から2人目)が代表して表彰状を表彰状を受け取りました。

長年の植樹活動の実績が認められ、道女性連が第66回北海道新聞文化賞 経済部門賞を受賞。

 北海道新聞文化賞は、北海道の発展・振興に尽くした人々や団体の栄誉を称えるため、1947年に北海道新聞社が制定し、毎年、社会・学術・経済の部門で表彰を行っています。
 今年、第66回を迎えた同賞は、道女性連が1988年から続けている植樹活動と、その活動を全国運動にまで広げた功績を称え、経済部門賞を授与することを発表しました。
 11月8日(木)、札幌グランドホテルにおいて行われた表彰式には、道女性連 平賀会長が出席し、道新 村田代表取締役社長より表彰状を受け取りました。平賀会長は、「歴史と伝統ある賞をいただき、部員一堂嬉しく思う。植樹活動は、食の安全・安心を守り未来へ引き継ぐ活動であり、女性部の使命。今回の受賞を糧として、活動当初に定めた100年先を見据え、たゆまぬ努力を続けていきたい。」と受賞の喜びを語りました。

大丸札幌店で行われた「ぎょれん盛漁祭り」。
写真を拡大

大丸札幌店で行われた「ぎょれん盛漁祭り」。

大丸札幌店にて、「ぎょれん盛漁祭り」を開催
道産水産物の販売、普及PRを行いました。

 10月24日(水)~30日(火)の1週間、ぎょれんは、大丸札幌店地下1階のほっぺタウン催事場において、「ぎょれん盛漁祭り」と題した道産水産物の直売コーナーを開設しまし.た。
 大ほっけ開きや一夜漬けうに、氷塩熟成時鮭フィレーなどの日替わり特別提供品をはじめ、漁協製造の冷凍品、加工品などを販売。デパ地下での開催ということもあり、実演販売による「揚げたて、海の幸フライコーナー」や、お好みの量で購入できる「旬のいくらしょうゆ漬け・量り売りコーナー」にも人気が集まりました。期間中は、昆布や干貝柱のレシピ本を配布するなど、道産水産物のPR活動も行いました。

子ども向けの体験イベントを多数行ったぎょれんコーナー。
写真を拡大

子ども向けの体験イベントを多数行ったぎょれんコーナー。

コープさっぽろ「食べるたいせるフェスティバル」では、魚を見て触って食べられるコーナーが子どもたちに人気。

 11月3日(土・祝)、札幌市コミュニティドーム「つどーむ」において「食べる・たいせつフェスティバル2012in札幌」(コープさっぽろ主催、ぎょれん後援)が開催されました。生産者との触れあいや、体験を通して食の大切さを学べるイベントは毎年人気があり、当日は悪天候にも関わらず多くの親子連れで賑わいました。ぎょれんコーナーでは、「さわってみよう!活かれい・活貝」、「見てみよう!秋鮭・昆布・ほたて解剖図」、「食べてみよう!北海道だけにいる魚 ししゃも」など子ども向けのイベントを多数実施。魚に初めて触れる子、じっと解剖図を見つめる子などもおり、多くの子どもたちに道産魚の理解を深めてもらう機会となりました。

昆布を使っただしの取り方のデモンストレーションが行われました。
写真を拡大

昆布を使っただしの取り方のデモンストレーションが行われました。

北海道の海の幸をたっぷり楽しむ日本料理教室を開催しました。

 10月30日(火)、31日(水)の2日間、北ガスクッキングスクールファクトリー教室(札幌市)において、北ガスが主催、ぎょれんと北海道米販売拡大委員会の協賛して「北海道の海の幸たっぷり 秋の味覚を楽しむ日本料理教室」が開催され、60名が参加しました。料理教室では、北ガスクッキングスクールの坂井美恵子統括主任講師が昆布だしの取り方やほたての剥き方、秋鮭の下ごしらえの仕方などを解説したあと、各班に分かれほたての炊き込みご飯や秋鮭の照り焼き、関西風大根の煮物など4品を調理し、試食しました。和食調理の基本を学び、新鮮な魚介類を使うメニューが参加者に大変好評でした。

漁師さんのお手本を見ながら、子ども達もロープワークに挑戦。
写真を拡大

漁師さんのお手本を見ながら、子ども達もロープワークに挑戦。

東しゃこたん漁協青年部が地元の中学校で、漁師さんの出前授業を行いました。

 11月16日(金)に、東しゃこたん漁協青年部が、古平町立古平中学校の1年生25名を対象に出前授業を行いました。柏木部長(小樽地区漁青連会長)、茂木副部長が講師を務めた授業は2部構成で実施され、5時間目には、操業の様子を写したDVDを見せながら、柏木部長がかれい刺し網漁、茂木副部長がえび篭漁を解説しました。6時間目には漁具の紹介やロープワークの実演を行い、生徒たちも慣れない手つきながら真剣に取り組んでいました。授業の最後には甘えびの試食があり、生徒たちは朝獲れたばかりの新鮮な味を堪能しながら、地元の漁業を学びました。

なみまるくん冊子版バックナンバー