WEBマガジン なみまるくん

小平 鬼鹿漁港 初夏の日本海で終盤を迎える 小平の真ガレイ漁

MSC登録証を受け取るぎょれん櫻庭会長(左)。
写真を拡大

MSC登録証を受け取るぎょれん櫻庭会長(左)。

環境に配慮した持続可能な漁業が認められ、「北海道ほたて漁業」がMSC認証を取得しました。

 「MSC認証」とは、ロンドンに本部を置く非営利団体MSC(Marine Stewardship Council 海洋管理協議会)が運営し、「持続可能、かつ適切に管理され、環境に配慮して営まれる漁業を認定する制度」です。つまり、MSC認証に登録された水産物は、「資源を守りながら、自然にやさしい漁法で水揚げされている水産物」と認識することができます。
 北海道ぎょれんは、北海道ほたて漁業振興協会と協力して、2010年より、北海道ほたて漁業のMSC認証の取得を目指してきました。3年に渡る厳しい審査の結果、このたび晴れてほたて垂下式漁業(噴火湾・サロマ湖)、ほたて桁網式漁業(根室海峡・オホーツク海)の4海域で認証登録が認められました。
 現在、全道で約40万トンの水揚げ量を誇るほたては、200年に及ぶ先人(漁業者)たちの資源を守り育てる努力があって、現在のような大規模な水揚げ量となりました。5月21日(火)に、札幌で行われた「MSC認証に伴う登録証授与式」では、ぎょれん櫻庭会長は、その先人たちの営みと並々ならぬ努力に敬意を表し、「認証を機に、更なるほたて漁業発展に関係者一同組織を挙げて取り組んでいきたい」と決意を述べました。

漁業用アシストスーツが完成、販売を開始しました。

 昆布干し作業など、漁業現場には、体、特に腰への負担がかかる作業が数多くあります。その負担を軽減させるため、ぎょれんが開発を進めていた「漁業用アシストスーツ」がこのたび完成、道内漁協購買部を通じて販売を開始しました。
 スーツを身に着けると、背中にあるアシスト材の復元力が上半身を持ち上げるため、前かがみで物を持ち上げる作業が楽になります。素材には通気性のあるメッシュ生地を使用し、夏場の作業でもむれにくく快適になるように作られています。今後、ぎょれんでは、道内漁協とともに、スーツの普及PRを進めていきます。

漁業用アシストスーツの正面。
写真を拡大

漁業用アシストスーツの正面。

漁業用アシストスーツの背面。
写真を拡大

漁業用アシストスーツの背面。

試食するお客様の目の前で料理を仕上げます。
写真を拡大

試食するお客様の目の前で料理を仕上げます。

金賞チームの、ほたて、秋鮭、いくら、昆布を使った前菜(一番奥)。昆布は細かく刻まれ、ソースに使用されています。
写真を拡大

金賞チームの、ほたて、秋鮭、いくら、昆布を使った前菜(一番奥)。昆布は細かく刻まれ、ソースに使用されています。

西洋料理のシェフの祭典「2013スプリングフードフェスティバル」に協賛しました。

 5月9日(木)、札幌パークホテルにおいて、公益社団法人全日本司厨士協会北海道地方本部と札幌支部の主催による「2013スプリングフードフェスティバル」が開催され、北海道ほたて漁業振興協会、北海道昆布漁業振興協会、北海道秋鮭普及協議会、ぎょれんが協賛しました。
 主催団体の「司厨士」とは、西洋料理に携わる調理師(シェフ)のこと。年1回開催される同イベントでは、全道で働くシェフやシェフを志す学生が日頃の成果を発表、西洋料理に必要な知識を学びます。
 お昼のメインイベント「チャレンジ料理コンテスト」では、多くの来場者が見守るなか、ホテルの若手シェフが2人1組となり、その場でお客様にコース料理を提供し、出来栄えを競います。指定食材である道産の秋鮭・いくら・昆布・ほたてが前菜やメインディッシュとして調理され、昆布は一部デザートにも使われるなど、各チームのアイデアが光る料理が次々提供されました。審査の結果、出場10チームのうち、見事金賞に輝いたのは札幌プリンスホテルの景井(かげい)・深江チーム。味はもちろん、見た目や、コース料理のバランスの良さなどが高く評価されました。

なみまるくん冊子版バックナンバー