浜通信 ひと・くらし

秋の朝霧につつまれる昆布漁

浜通信 ひと・くらし(9月) 昆布森 秋の朝霧につつまれる昆布漁

「昆布森」その地名を聞くだけで、どれほどの昆布があるのだろうと思わせるインパクト。行ってみると想像どおり、沿岸約42キロのほとんどが昆布漁場になっている。昆布漁は出港日が限られているため、漁に出る時の漁師さんたちの気合はすごい!まだ日が昇りきらない早朝。港に鳴り響く出港のアナウンスを合図に、朝霧の中一斉に漁場へ向かう船の風景には力強さを感じる。

 出漁できる条件はふたつ! 波がおだやかなこと。もうひとつはカラッとした晴天の日であることが重要。今年は7月と8月で12日しか出漁できなかった。 訪れたのは秋風を感じる9月上旬。朝日が昇りはじめ、一斉に船が出港していった。
 曇りでも海が荒れていなければいいのでは?漁師さんに聞くと「昆布漁は海の作業だけじゃなくて、干す作業もセットだからな」そう言って採ってきたばかりの艶のある真っ黒な昆布を、クレーンで船からトラックへ移動させる。そこから始まった昆布を干す作業は、想像した以上に手間がかかるものだった。
 漁港から山への登り坂。荷台からあふれ落ちそうな昆布を載せたトラックは砂利干場(かんば)へ到着。ここからは家族全員での作業だ。トラック2台分の昆布と100m以上ある砂利干場。70代のおばあちゃんや子供を背中にのせたお母さん。夜明けの漁から休んでいない漁師さんたちが昆布を干す姿を見ていると、おもわず「手伝います」と言いたくなる。9月に入り秋風の心地よいお天気だったが、長い昆布を引っ張るだけでもかなりの重労働になる。昆布森で採れる長昆布は世界で最も長くなる品種で平均約10m以上あり、長いものだと20mあるからだ。さらに重なるとくっついてしまうので一枚ずつ、丁寧に丁寧に広げていく。作業をはじめて約2~3時間。干し終えたころにはあたり一面が黒いじゅうたんをしいたようになり、ふわっと風が吹くたびに磯の香りを感じた。
 昆布は噛み続けていくとトロッとした粘りと旨みが出てきて、ただそれだけで美味しい。しかし最近では日本人の昆布離れが進んでいて、とても残念だと漁師のお母さん。長昆布は繊維質が柔らかく煮込みやすいので、とても調理が簡単だと教えてもらった。若い人にもっと食べてもらうために、昆布森漁協の女性部ではレシピ開発や、お料理教室を開催している。
 そんなお母さんのイチオシは今時期獲れる秋鮭を使った昆布巻き。脂がのった秋鮭と柔らかい長昆布の組み合わせはやみつきになる味わいだ。

※下記の写真をクリックすると、それぞれの取材記を見ることができます。

  • いざ出漁!
  • 漁開始5分前
  • 船が傾くほどの力仕事
  • 一隻の船に乗れるのは3名まで
  • クレーン移動
  • 昆布の根
  • 果てしない作業
  • 昆布のじゅうたん
  • 昆布カット台へ
  • もりもり昆布
前の月次の月
バックナンバー
webマガジンなみまるくん
なみまるくん冊子版バックナンバー