WEBマガジン なみまるくん

厳寒の太平洋沖で旬を迎える 釧路の真だら漁

雪まつりの雪像を制作する作業員の皆さんに、出来たてアツアツのすけとうだら三平汁を提供
写真を拡大

雪まつりの雪像を制作する作業員の皆さんに、出来たてアツアツのすけとうだら三平汁を提供

すけとうだらを買い求めるお客様で賑わう売場(コープさっぽろルーシー店)
写真を拡大

すけとうだらを買い求めるお客様で賑わう売場(コープさっぽろルーシー店)

旬のすけとうだらのPRイベントが開催されました

~さっぽろ雪まつりの雪像制作を、すけとうだらの三平汁で応援~

 1月23日(木)、さっぽろ雪まつりの雪像制作が佳境を迎えている大通西8丁目会場では、胆振・渡島すけとうだら刺網漁業協議会、渡島管内漁業士会、胆振管内漁業士会と北海道やぎょれんなどが協力して、作業を行う自衛隊と札幌市大雪像制作隊(市民団体)に対し、慰問品としてすけとうだらの三平汁500食を贈呈しました。
 氷点下の気温の中で長時間、雪像づくりの作業にあたる皆さん。胆振・渡島で水揚げされたすけとうだらと南かやべ産の白口浜の真昆布ダシで作ったアツアツの三平汁で冷えた体を温めていただきました。隊員からは「温かくとても優しい味で、冷え切った体が隅々まで温まりました。午後も張り切って作業できます。」と嬉しい感想が聞かれました。

~コープさっぽろにて、試食販売を行いました~

 1月18日(土)、19日(日)の両日には、ひやま漁協とぎょれんが協力し、札幌市内のコープさっぽろルーシー店(白石区栄通)とソシア店(南区川沿)で旬の釣りすけとうだらの試食販売を行いました。売り場では大ぶりの生鮮すけとうだら、ぶつ切りにした鍋用パック、フィーレを並べ、塩三平汁の試食を提供。そのおいしさに、次々とすけとうだらを買い求めるお客様で売り場は賑わいました。

今が旬のすけとうだらを使ったレシピは、こちらをご覧ください。

ISO14001審査登録証
写真を拡大

コンサドーレ札幌の横野純貴選手(右から2人目)とともに練習に励む子どもたち。

ぎょれん×コンサドーレ札幌食育&サッカー教室 現役選手も参加し、子どもたちとふれ合いました

 12月27日(金)、北広島市総合体育館において、通算9回目となる「ぎょれん×コンサドーレ札幌 食育&サッカー教室」を開催し、小学校2~6年生の子どもたちとその保護者50名が参加しました。
 保護者を対象とした食育教室では、道産水産物についての理解を深めてもらうため、ぎょれん職員が秋鮭・ほたて・昆布の生態や漁法などを紹介。その後、コンサドーレ札幌の管理栄養士を務める小松信隆氏による講演「スポーツをする子どもに必要な栄養」が行われ、道産水産物を活用したレシピの紹介を交え、子どもの食事の重要性が詳しく解説されました。保護者からは、子どもの日頃の食生活やサッカーの試合前の栄養の取り方などについて多くの質問が寄せられました。
 子どもたちが参加したサッカー教室では、コンサドーレ札幌の横野純貴選手が参加し、同ジュニアスクールのコーチとともに子どもたちを直接指導しました。サッカーに必要な想像力や反射神経を養う練習では、会場に道産水産物の画が描かれた三角コーンが置かれ、コーチの「貝と言えば?」の合図で「ほたて」が描かれたコーンにすばやく集まるなどのユニークな練習を行い、楽しみながら憧れの選手とともに汗を流しました。
 北広島市出身の横野選手からは、「僕も子どもの頃、この体育館で一生懸命練習しました。きちんとご飯を食べて、練習をがんばってください。」と子どもたちへのメッセージが送られました。

なみまるくん冊子版バックナンバー