WEBマガジン なみまるくん

日高山脈の清流で育んだこだわりの極上銀毛鮭

代表して表彰を受ける散布漁協 村田準逸理事
写真を拡大

代表して表彰を受ける散布漁協 村田準逸理事

交流会で提供された散布のうに
写真を拡大

交流会で提供された散布のうに

コープさっぽろ農業賞 漁業賞大賞に散布漁協が選ばれました

 2014年11月7日(金)、札幌パークホテルにて、第9回コープさっぽろ農業賞の表彰式が行われ、今年で7回目となる漁業賞の大賞は散布漁協が受賞しました。コープさっぽろ農業賞は、「消費者が志ある北海道の第一次産業の生産者を応援する」企画として始まりました。漁業賞の選考基準は「北海道在住で、環境を守り、北海道の水産資源の持続的利用を考えた漁業を営んでいる漁業者個人、企業及び団体」とされ、今回は内水面漁業も含め15件の応募がありました。散布漁協では、拾い昆布を餌として、火散布沼でうにの養殖を行っており、自然を生かした養殖事業が評価されての受賞です。
 授賞式後に行われた交流会では、農業賞、漁業賞の各賞を受賞した生産者の食材を利用した料理が提供され、受賞者は互いの自慢の食材に舌鼓を打ちました。

好天に恵まれ、大勢のお客様で賑わいました
写真を拡大

好天に恵まれ、大勢のお客様で賑わいました

昆布商品も多数用意しました
写真を拡大

昆布商品も多数用意しました

日高地区女性部が札幌で昆布などの名産品を販売しました

 秋も深まった2014年11月8日(土)と9日(日)、札幌市内で日高地区女性部長の皆さん(地区会長は日高中央漁協・住岡部長)による、昆布、つぶ、たこなど地区名産品の販売会が行われました。名付けて「浜の美味しい逸品直売市」。
 手作りの昆布だし、オニカジカの昆布巻、毛つぶの甘露煮など、数量限定商品は売り切れ続出。日高昆布のPRを兼ねたカット昆布のつかみ取りは1回100円の大サービス。多くのお客様に日高の海をアピールしました。

なみまるくん冊子版バックナンバー