浜通信 ひと・くらし

雄武漁協 毛がに漁

浜通信 ひと・くらし(4月) 雄武漁協 

「毛がに」といえば北海道が産地として知られているが、なかなか食べる機会が少ない高級食材だ。それでも雄武町といえば毛がにの町としてのイメージが強いのは、美味しさに定評があるからだろう。毎年4月に開催されている「毛がに祭り」には地元の人だけではなく、北海道の各地からたくさんの人たちが集まる賑わいだ。地元以外でも認められた美味しさは、わざわざ遠くから食べに訪れるほどの魅力となって雄武を盛り上げている。

 堅い甲羅に鋭い2本のハサミ。全体を毛に覆われたその見た目からは想像もつかないが、何度も脱皮を繰り返して成長している毛がに。地元で毛がにといえば2種類。流氷が去った海明けの春のかにを「堅(かた)がに」、脱皮後の柔らかい夏のかにを「若(わか)がに」と呼び分けている。甲羅が堅く、身とミソがギッシリとつまっているのが堅がにだ。寒さが残るオホーツク海でとれた堅がにのミソはほんのりとした苦味に濃厚なクリーミーさが絶品だ。4月下旬に行われる『毛がに祭り』に向けて活気づく雄武。たくさんの人たちを遠方からも集める毛がにの魅力は、漁師さんのこだわりによるものだと地元の人たちは口を揃えて言う。
 雄武漁港の毛がに漁船10隻は、夜明けと共に出港しはじめる。前日に仕掛けた籠を引き上げるとすぐに、船上で漁師さんによってきびしい選別があるのだ。ここが漁師さんの腕のみせどころ。毛がに漁は資源管理のため、甲羅8センチ以上の雄しか獲ってはいけないという規則があるが、それは当たりまえ。雄武ではさらに、甲羅の色や堅さの微妙な違いで、味や身詰まりをチェックする。手に取った感覚で美味しいか美味しくないかを判断し、商品としての見極めを瞬時に行っている。素人では区別のつかない違いも、漁師さんにかかればその差は歴然。納得のいかない毛ガニは躊躇なく海に戻していくのだ。一般的に商品になるものも、雄武では認めないことが多いそうだ。これは規則というより、美味しい毛がにだけを出荷したいという漁師さんのこだわりだ。
 そんな想いは毛がにを茹でる加工場にも引き継がれていた。加工場に届く毛がにはどれも身詰まりがよく、綺麗な毛がにばかり。加工場の選別でロスになるものはほとんどない。漁師さんのこだわりを目の当たりにするからこそ、加工場でも毛がにひとつひとつを丁寧に扱わなくてはいけないと感じているそうだ。漁師さんの妥協を許さない姿勢が雄武地域全体へと広がり、ブランドとしての価値を上げているのだ。

※下記の写真をクリックすると、それぞれの取材記を見ることができます。

  • 大きな保冷ケースで水揚げ
  • 毛がに籠
  • 船上での選別道具
  • 市場で出荷を待つ毛がにたち
  • 毛がにの塩茹で
  • 茹で上がり後のシャワー
  • 綺麗な手作業
  • マルユウマーク
  • 地元でのおすすめの食べ方
  • 地元のカニ飯は豪快!
前の月次の月
バックナンバー
webマガジンなみまるくん
なみまるくん冊子版バックナンバー