WEBマガジン なみまるくん

増毛漁協 増毛 甘えび籠漁

前列両端が金賞を受賞した三浦・宮越チーム
写真を拡大

前列両端が金賞を受賞した三浦・宮越チーム

受賞作品は前菜(手前左)に道産水産物が使用されました
写真を拡大

受賞作品は前菜(手前左)に道産水産物が使用されました

2015スプリングフードフェスティバルが開催されました

 2015年5月14日(木)札幌パークホテルにおいて、(公社)全日本司厨士協会北海道地方本部、同札幌支部主催、ぎょれんの共催で「2015スプリングフードフェスティバル」が開催されました。司厨士とは、西洋料理の調理師(シェフ)のこと。会場では食品に関わる様々な商社がブースを出展し、商品のPRを行うほか、道内ホテルの若手シェフが2人1組となり、ほたて、秋鮭、昆布等の道産食材を中心とした材料で3皿を創作して、その出来栄えや味はもちろん、チームワークも競うコンテストが行われました。金賞に輝いたのは京王プラザホテル札幌の三浦・宮越チーム。出場したどのチームも甲乙つけがたく、僅差での受賞となりました。

誓いの言葉を述べる横内良祐さん
写真を拡大

誓いの言葉を述べる横内良祐さん

漁業研修所に今年も新たな漁師の卵が入所!47名の研修生が研修への思いを新たにしました

 2015年5月7日(木)、鹿部町の道立漁業研修所で平成27年度漁業研修生47名の入所式が行われました。研修生を代表して、横内良祐よこうち りょうすけさん(ウトロ漁協推薦)は「家族や社会の期待に応えられるよう、精いっぱい頑張っていきます」と抱負を述べました。
 系統を代表して、ぎょれん函館支店の佐藤次長は「今は若い漁業者の育成が課題。ここにいるみなさんは浜の未来を背負って立つ『希望の星』です。北海道の水産業を良くしていくためにその力を発揮してください」と激励しました。
 研修生はこれから11月までの約半年間、研修所や現場で漁業に関わる知識と技術を学び、新たな漁業者として巣立っていきます。

なみまるくん冊子版バックナンバー