WEBマガジン なみまるくん

いぶり中央 登別漁港 すけそうだら刺し網漁

日高の生産者と脇屋さん、それぞれが料理を披露しました。
写真を拡大

日高の生産者と脇屋さん、それぞれが料理を披露しました。

脇屋さん考案の「北のお宝炊き込みご飯」は、日高のつぶ、秋鮭、昆布がたっぷり。まさにお宝!
写真を拡大

脇屋さん考案の「北のお宝炊き込みご飯」は、日高のつぶ、秋鮭、昆布がたっぷり。まさにお宝!

昆布、秋鮭、つぶなど盛りだくさん!日高の水産物がテレビ番組「きょうの料理」で紹介されました

 NHK教育テレビで放送中の「きょうの料理」では、2015年11月16日(月)、17日(火)の2日間(再放送:11月17日(火)、18日(水))、「メシタビin北海道」と題し、日高の水産物を使った料理が紹介されました。
 普段はスタジオで料理を紹介する講師が、「メシタビ」の名の通り、実際に産地を旅し、そこで出会った生産者とともに料理を作ります。今回は、札幌市出身で、中国料理の名シェフ 脇屋友詞(わきや ゆうじ)さんが日高を訪問。日高各地で、名産の昆布、秋鮭、つぶを使った料理を披露し、えりも岬小学校では子ども達に料理を教える食育イベントを実施するなど、ふれあい旅の様子が放送されました。

 えりも岬小学校での食育イベントの様子は、以下のホームページでもご覧いただけます。
きょうの料理 食育イベントページはこちら

潜水服の実演。その大変さを、身を持って伝えました。
写真を拡大

潜水服の実演。その大変さを、身を持って伝えました。

道内各地で漁業者人生を歩みだす47名。
写真を拡大

道内各地で漁業者人生を歩みだす47名。

新たに47名の漁業者が誕生 漁業研修所で海友祭・修了式が行われました

 2015年11月1日(日)、鹿部町にある北海道立漁業研修所で、第8回海友祭が開催されました。研修の成果をお世話になった地元の人や研修生の家族に披露する場となっている海友祭。昨年好評だった「包丁研ぎ実演」や、毎年大好評の実習生の手作り水産加工品販売などが行われました。
 翌日2日(月)には修了式が行われ、47名の研修生が緊張の面持ちで修了証書を受け取りました。中村漁業研修所長は「皆さんはスタートラインに立ったにすぎません。知識や技能を得ましたが、経験は日々の暮らしで得られるものです。成功にむけ、努力されることを期待します」と式辞を述べました。研修生代表の小林広人さん(紋別漁協推薦)は「浜のリーダーとなって北海道の水産業の発展に貢献できるよう頑張ります」と述べ、今後の更なる成長を約束しました。

道立漁業研修所のホームページはこちら

なみまるくん冊子版バックナンバー