WEBマガジン なみまるくん

紋別漁協 紋別港 秋の恵み、天然の秋鮭 紋別の秋鮭定置網漁

揚げたてフライコーナーは押すな押すなの大盛況(写真は昨年の売り場の様子)
写真を拡大

揚げたてフライコーナーは押すな押すなの大盛況(写真は昨年の売り場の様子)

千客万来!ホクレン大収穫祭のぎょれんコーナーで、今年も海の幸を大いに売り込みます

 2016年10月18日(火)~24日(月)の1週間、札幌三越本館10階催事場で、第45回ホクレン大収穫祭が開催されます。
 今年も出店するぎょれんコーナーで好評なのが、熱々(あつあつ)「海の幸揚げたてフライ」。素材は道産であることはもちろん、ホクレンの米油を使って売り場で揚げているこだわり商品で、昨年は揚げるのが間に合わなかったほど。売り場には旬の秋鮭やいくら、干し貝柱、量り売りの昆布、ほっけ・かれいの一夜干しなど、北海道産で吟味された商品が数多く並びます。前年同様、日替わりの目玉商品として、いくらや鮭フレーク、一夜漬け瓶うにも特別価格でご用意しています。開催期間中に札幌へお越しの際は、ぜひ会場に足をお運びください。道産水産物の人気の高さを実感できます。

秋の涼しい風が吹く日といえども、焼き場は熱と煙でいっぱい。おいしく食べていただくため、協議会メンバーはタオルとゴーグル着用で次々さんまを焼いていました。
写真を拡大

秋の涼しい風が吹く日といえども、焼き場は熱と煙でいっぱい。おいしく食べていただくため、協議会メンバーはタオルとゴーグル着用で次々さんまを焼いていました。

「根室さんま直送市」が札幌で開催

 2016年9月8日(木)、9日(金)の2日間、道庁旧庁舎前庭で毎年恒例となっている「根室さんま直送市」が開催されました。主催したのは、根室市内4単協や系統、卸売市場、農業団体、金融機関、市役所など、根室市内の様々な団体で構成された「ねむろ水産物普及推進協議会」。オール根室の体制で、根室産水産物の普及宣伝・販路拡大に取り組んでいます。会場では根室から直送された旬のさんま2,000本が炭火焼で提供されたほか、発泡詰めされた鮮さんま2kgが1,000箱用意され、旬のさんまを求めて販売開始直後から長蛇の列ができていました。
 2日目はあいにくの雨となりましたが、両日とも多くの人が脂ののった焼きさんまの他、さんまを丸ごとすり身にしたつみれの入った刀汁など旬の味覚に舌鼓を打ちました。昆布醤油や水産加工品など根室の特産品も併せて販売され、札幌の人のみならず、観光客も買い求める姿が見られました。

なみまるくん冊子版バックナンバー