浜通信 ひと・くらし

2016年11月

苫小牧漁協 苫小牧漁港 幻の高級がれい まつかわ刺網漁

苫小牧漁協
苫小牧漁港 幻の高級がれい まつかわ刺網漁

11月初旬、深夜12時、外気温1度Cの苫小牧漁港はほっきカレーで有名なマルトマ食堂前。出船の準備が整った第六十八勇勢丸は係留ロープを...

詳しく見る >>

2016年10月

砂原漁協 砂原漁港 碧翠(あおみどり)の卵を抱いた えびかご漁

紋別漁協
紋別港 秋の恵み、天然の秋鮭 紋別の秋鮭定置網漁

港は穏やかで波はなかったが、沖の様子は違ったようだ。出港してからすぐに1隻の船が戻ってきた。港から30分ほどにある漁場は...

詳しく見る >>

2016年9月

砂原漁協 砂原漁港 碧翠(あおみどり)の卵を抱いた えびかご漁

砂原漁協
砂原漁港 碧翠(あおみどり)の卵を抱いた えびかご漁

真夜中、午前0時。真っ暗な港から、船が一斉に噴火湾の沖にある前日に海中へ投入したえびかごを目出港した。えびかごを沈めたポイントへ着くと...

詳しく見る >>

2016年8月

利尻漁協 鴛泊漁港 口中に広がる幸せな味覚 夏のうに漁

えりも漁協
近苗地区 潮風がつくる美味しさ えりも昆布

意外かもしれないが、昆布漁の操業は天候の影響がとても大きい。船が出港できるかどうかは「旗元」と呼ばれるベテラン漁師さんがその日の天候を見て...

詳しく見る >>

2016年7月

利尻漁協 鴛泊漁港 口中に広がる幸せな味覚 夏のうに漁

利尻漁協
鴛泊漁港 口中に広がる幸せな味覚 夏のうに漁

うには海藻が主食。当然昆布があれば昆布を食べて成長する。なので北海道沿岸で漁獲されるうにの名産地は、昆布の名産地と重複している。良質の昆布が...

詳しく見る >>

2016年6月

北るもい漁協 天塩支所 海と川の恵みで育つ 天塩のしじみ漁

北るもい漁協
天塩支所 海と川の恵みで育つ 天塩のしじみ漁

しじみの成長に欠かせないのが海水の塩分と川の淡水。どちらかだけでは育つことがないため、海水と混ざる天塩川の河口はしじみにとって最適な...

詳しく見る >>

2016年5月

小樽市漁協 エビの甘味とカニのコクに勝るとも劣らない 春のシャコ漁

小樽市漁協
エビの甘味とカニのコクに勝るとも劣らない 春のシャコ漁

透き通った暖流が流れ込む石狩湾。その透明度が高い海底にガザエビが生息している。ガザエビとはシャコのことだ。道内で唯一...

詳しく見る >>

2016年4月

厚岸漁協 伝統的な漁法 白魚張待漁

厚岸漁協
伝統的な漁法 白魚張待漁

獲れたての白魚の透明感はすごい! 透きとおった10センチほどの体には、ちいさな銀色の目玉と黒い斑点だけが鮮明にみえ...

詳しく見る >>

2016年3月

根室湾中部漁協 栄養豊富なプランクトンを飽食した氷下魚 温根沼の氷下待網漁

根室湾中部漁協
栄養豊富なプランクトンを飽食した氷下魚 温根沼の氷下待網漁

3月ともなると日が長くなり、どこか日差しにも力強さが漲っている。しかし、ここはまだまだ厳しい寒さだ。北海道の東端は...

詳しく見る >>

2016年2月

稚内漁協 冬の稚内ブランド 銀杏草漁

稚内漁協
冬の稚内ブランド 銀杏草漁

地元ではお味噌汁の具として食べている銀杏草。冬になると当たり前のように普段の食卓にならぶが、他地域では希少価値のある高級...

詳しく見る >>

2016年1月

上磯郡漁協 上磯漁港・中の川漁港 上磯のかき漁

上磯郡漁協 上磯漁港・中の川漁港
海峡の早い海流でたくましく育った 真冬の津軽海峡 上磯のかき漁

道南は上磯から知内にかけて盛んに養殖されているのが牡蠣だ。昭和50年代初めから始まった養殖事業は、現在では北海道第3の産地として...

詳しく見る >>