浜通信 ひと・くらし

日高中央漁協 様似港 大海が育んだ自然のうま味 様似の秋鮭漁

浜通信 ひと・くらし(10月) 日高中央漁協 様似港 大海が育んだ自然のうま味 様似の秋鮭漁

北海道日高東部にある様似町。黒潮と親潮が出合う好漁場に恵まれ、とりわけ鮭漁シーズンは1年の中でも港が活気づく。海岸の特殊な地形が天然の良港となり、江戸時代から北前船流通の重要拠点としても栄えてきたこの町で、代々鮭漁一筋に暮らしてきた漁師さんたちの鮭にかける思いを伺った。

 秋鮭漁が中盤に差し掛かった10月初旬。この時期には珍しく、様似の海はガス(海霧)が立ち込めていた。取材に訪れた日は2日ぶりの網揚げということもあり、漁港全体から期待と不安がうずまく様子が伝わってくる。漁協では鮭の鮮度保持に使う水氷入りのタンクの準備のため、漁船や近郊の港の報告から水揚げ量を予測する。様似漁港から一番近い定置網にいる船の連絡によると、あまり振るわない模様。刻一刻と時が流れ、今日はこれ以上の伸びが期待できないかもしれない…。そんな空気が漂う中、最後の一報で港は一気に慌ただしくなった。どうやら沖にはたくさんの鮭が帰って来ていたようだ。
 漁に出ていた3隻が帰港する頃にはガスも晴れ、船倉からクレーンで引き上げられたタモの中にはキラリと光り輝く秋鮭の姿が見える。下船の息つく暇もなく、漁師さんたちが選別を始めた。タンクの中へドボーンと音を立てて滑り込んでいく鮭たち。キリリと冷やされた水氷の中で出荷の時を待つ。この日は日高中央漁協(様似・荻伏)全体で約70トンが揚がった。
 それでもピークの頃に比べると、北海道の鮭漁は低調気味に推移しているという。「鮭が獲れるのは当たり前ではなく、ありがたいことなんだと感じます」と、明治時代から操業を続けてきた漁師の5代目・マルエス天幸丸の久野俊昭さんはしみじみと話す。9~11月の3カ月で1年の収入が決まる秋鮭漁は、久野さんたちにとって「生活のすべて」だ。今よりもっと鮭が獲れなかった時代もあったし、養殖や輸入物に圧されて価格の下落も経験したが、幾多の困難を乗り越え“日本の食卓”を守り続けてきた。何より自然の営みの中で育まれ、日高の海に戻ってきた鮭のうま味は「ひと味違う」という自信があるから、漁を続けられる。今年は全体的に小ぶりだが、「脂がのっていて、抜群にうまい」。漁師さんたちの笑顔が、日高の鮭のポテンシャルの高さを証明していた。

※下記の写真をクリックすると、それぞれの取材記を見ることができます。

  • 夜明けを前に
  • 万全の準備を整えて
  • 若き漁業者たち
  • いざ、漁場へ!
  • 海と川の恵
  • 漁獲の手応え
  • 漁師さんの鋭い目利き
  • 秋鮭漁の風物詩
  • 鮮度保持の水氷
  • 『銀聖』ブランドの貫禄を携えて
前の月次の月
バックナンバー
webマガジンなみまるくん
なみまるくん冊子版バックナンバー