WEBマガジン なみまるくん

日高中央漁協 様似港 北海道初夏の旨味を楽しむ 時鮭定置網漁

多くの水産関係者も海上保安本部の設立70周年を祝いました
写真を拡大

多くの水産関係者も海上保安本部の設立70周年を祝いました

海の安全を守る海上保安本部が創立70周年を迎えました

 2018年5月10日(木)グランドパーク小樽にて、在・駐札幌の各国総領事や陸海自衛隊幹部、各地区海上保安協会会長、市町村長など約150名が出席して海上保安制度創設70周年記念祝賀会が開催されました。
 祝賀会ではぎょれん川崎会長が乾杯挨拶を行い、「海で何かあれば一番最初に駆けつけて頂いており、心からお礼を申し上げたい。海に生きる我々や国民のため、今後一層のご活躍をご祈念いたします」と日頃の感謝と祝辞を述べました。

緊張の面持ちで入所式を迎えた研修生のみなさん
写真を拡大

緊張の面持ちで入所式を迎えた研修生のみなさん

漁業研修所に今年も38名の新たな漁師の卵が入所

 2018年5月7日(月)、鹿部町の道立漁業研修所で平成30年度漁業研修生38名の入所式が行われました。ぎょれん函館支店瀧波支店長は、「漁協・系統団体が一丸となり、水産王国・北海道の復活に向けて共に頑張っていきましょう。半年後、たくましい姿となった皆さんと再会できることを楽しみにしています」と激励の言葉を贈りました。研修生はこれから11月までの約半年間、研修所や現場で漁業に関わる知識と技術を学び、新たな漁業者として巣立っていきます。

なみまるくん冊子版バックナンバー