WEBマガジン なみまるくん

釧路市東部漁協 三津浦地区 夏の日差しがつくる 長昆布漁

あいにくの空模様でしたが、雨の中でも子どもたちは元気に指導を受けていました

あいにくの空模様でしたが、雨の中でも子どもたちは元気に指導を受けていました

食育教室のみ聞きに来た地元の方もいらっしゃいました
写真を拡大

食育教室のみ聞きに来た地元の方もいらっしゃいました

ぎょれん×北海道コンサドーレ札幌 食育&サッカー教室が開催 斜里町の子供たちがサッカーの技術と食の大切さについて学びました

 2018年7月7日(土)、斜里町陸上競技場にて、今年1回目となる「ぎょれん×北海道コンサドーレ札幌 食育&サッカー教室」が開催され、斜里町のサッカー少年団の子どもとその保護者約60名が食育教室に参加しました。
食育教室では、ぎょれんの食育DVDを使い、北海道の海で育つ水産物の紹介とそのすぐれた栄養について伝えました。続いて北海道コンサドーレ札幌管理栄養士の小松信隆さんが、試合に生かせる栄養学を伝授。栄養についてのクイズには子どもたちも積極的に参加し、学んだことをしっかり復習していました。
そして、食育教室のあとはお待ちかねのサッカー教室。北海道コンサドーレ札幌ジュニアスクールコーチら2名の工夫を凝らした指導のもと、約1時間半にわたり体を動かしました。

神恵内村では小雨が降り見通しが悪い中でのパトロールとなりましたが、たくさんの人が参加して密漁に目を光らせました
写真を拡大

神恵内村では小雨が降り見通しが悪い中でのパトロールとなりましたが、たくさんの人が参加して密漁に目を光らせました

小樽地区でなまこ密漁防止対策合同一斉パトロールが実施されました

 2018年6月27日(水)、28日(木)の2日間にわたり、神恵内村、寿都町、蘭越町にて関係漁協や小樽地区及び北海道密漁防止対策協議会、小樽海上保安部や警察など取締機関から約50名が参加して夜間に合同一斉パトロールが実施されました。
 小樽地区では、なまこなどを狙った悪質な組織的密漁が横行していることから、地域が一丸となったパトロールの重点的な実施により組織的密漁の抑止に向けた対策に強力に取り組んでいます。
 今回のパトロールには道の漁業取締船海王丸も参加して沖合から投光器で沿岸を照射して警戒に当たったほか、警察による検問も行われました。
 北海道密漁防止対策協議会では、今後も関係機関と連携して密漁防止対策の更なる強化に向け取り組んでいきます。

辻副知事に要請書を手渡しました
写真を拡大

辻副知事に要請書を手渡しました

齋藤農林水産大臣へも要請
写真を拡大

齋藤農林水産大臣へも要請

北海道漁業の成長産業化に必要な施策の実現を、国および道に強く訴えました

 2018年6月14日(木)に開催された第56回北海道漁業協同組合長会議の決議に基づき、ぎょれん川崎会長をはじめ各系統団体長並びに各地区漁協組合長会会長を要請団として、国や道を始めとした関係機関に要請を実施しました。
6月15日(金)、道庁を訪れた一行は、道知事や道議会正副議長、道議会各会派へ、6月19日(火)~20日(水)には農林水産大臣、水産庁長官の他、水産関係主要国会議員及び本道選出国会議員らに対し要請を行い、①資源回復・増大と資源管理の高度化に係る次期浜の活力再生プランへの支援対策、②漁業の成長産業化に向けた漁業経営安定対策、③地球規模の自然環境変化等に対応する漁業環境保全対策の推進という各決議項目の実現を強く訴えました。特に、漁船リース・機器等導入事業の予算拡充や、密漁被害防止対策、クロマグロ等の資源管理対策、現行漁業権制度の維持などについて強く要望しました。
各要請先からは、北海道漁業が抱えている課題とその解決に向け、尽力していく旨の回答が得られました。今後、各決議内容の実現に向けて、関係機関と連携の上取り組んでいきます。

なみまるくん冊子版バックナンバー