WEBマガジン なみまるくん

宗谷漁協 東浦漁港 碧天広がる日本最北の大海原 銀鱗舞う『秋鮭定置網漁』

札幌の秋の風物詩オータムフェストには道内外から多くのお客様が来場します
写真を拡大

札幌の秋の風物詩オータムフェストには道内外から多くのお客様が来場します

マヨネーズはぶりフレークの入った「ぶりマヨ」を使用するこだわりも
写真を拡大

マヨネーズはぶりフレークの入った「ぶりマヨ」を使用するこだわりも

秋の一大グルメイベント オータムフェストで道産水産物を使用したメニューが提供されました

 2018年9月25日(火)~30日(日)の6日間、札幌市の大通公園を中心に行われた「札幌オータムフェスト2018」にて、札幌グランドホテルとコラボした「ほっかいどうシーフードダイナー」を開店し、道産水産物を使用したメニューを販売しました。
 販売されたメニューは、「シーフードカレー焼きそば秋鮭のフライ添え」や「秋鮭のフライとシーフード焼きそば入りコッペパンサンド」、「ほたてのカレーほたてフライ乗せ」、「ほたてと秋鮭のピリ辛饅頭」など6品。道産水産物をたっぷり使用した、食事にもお酒にもあうメニューをたくさんの人が味わいました。胆振東部地震に伴い、会期短縮となったこのイベントですが、多くの来場者が秋の味覚に舌鼓を打ち、にぎわいを見せていました。

大盛りの秋鮭いくら丼をたいらげ、秋鮭やいくらのPRへ勢いをつけたアンジェラ佐藤さん(中央)と、ぎょれん崎出専務(左)、札幌市中央卸売市場水産協議会高橋会長(右)
写真を拡大

大盛りの秋鮭いくら丼をたいらげ、秋鮭やいくらのPRへ勢いをつけたアンジェラ佐藤さん(中央)と、ぎょれん崎出専務(左)、札幌市中央卸売市場水産協議会高橋会長(右)

仙台では、はらこ飯の他にもおいしい秋鮭の食べ方が提案されました
写真を拡大

仙台では、はらこ飯の他にもおいしい秋鮭の食べ方が提案されました

札幌・仙台の水産卸売市場で道産秋鮭をPRしました

 本格的な秋鮭シーズンを迎え、2018年9月3日(月)、札幌市中央卸売市場で行われた道産秋鮭の初入荷セリでは、消費拡大キャンペーンの一環として、北海道秋鮭食べつくし隊応援隊長にタレントのアンジェラ佐藤さんが就任しました。「子どもの頃から秋鮭、いくらが大好き。日本全国にPRするために頑張ります!」と意気込みました。
 9月14日(金)には、宮城県の仙台市中央卸売市場で道産秋鮭といくらを使用した郷土料理「はらこ飯」が市場関係者にふるまわれました。出席した東京支店の山口参事は、「去年に比べ価格も落ち着いているので、たくさんの人に味わって欲しいです」と、消費の盛り上がりに期待しました。

なみまるくん冊子版バックナンバー