WEBマガジン なみまるくん

浜通信 ひと・くらし(6月) 松前さくら漁協 松前港漁港 深海で紅く育つ 紅ずわいがに籠漁

研修への意気込みを研修生代表として宣誓した炭谷知輝さん(枝幸漁協)
写真を拡大

研修への意気込みを研修生代表として宣誓した炭谷知輝さん(枝幸漁協)

緊張の面持ちで入所式を迎えた研修生のみなさん
写真を拡大

緊張の面持ちで入所式を迎えた研修生のみなさん

漁業研修所に今年も新たな漁師の卵が入所
47名の研修生が研修への思いを新たにしました

2019年5月8日(水)、鹿部町の道立漁業研修所で令和元年度漁業研修生47名の入所式が行われました。渡島地区漁青連会長や在函館の系統支店長の他、振興局、鹿部町長などが来賓として出席し、激励の言葉を贈りました。研修生はこれから11月までの約半年間、研修所の内外で漁業に関わる知識と技術を学び、新たな漁業者として巣立っていきます。

生きたたこに子どもたちは興味津々。前のめりで解説を聞いていました

生きたたこに子どもたちは興味津々。前のめりで解説を聞いていました

子どもたちは結び昆布を作るのも初めて。ぬるぬるの昆布に悪戦苦闘しました

子どもたちは結び昆布を作るのも初めて。ぬるぬるの昆布に悪戦苦闘しました

根室地区漁青連が出前授業を開催
小学校でたこと昆布について授業を行いました

2019年5月15日(水)、根室地区漁協青年部連絡協議会は、中標津東小学校の5年生約100名を対象に「漁師さんの出前授業」を行いました。
同小学校で4回目の開催となる今回は、歯舞漁協と落石漁協の青年部員が先生となり、青年部ならではの授業を実施。落石漁協の青年部員は、たこ籠漁業の動画で出漁から入港までを紹介するとともに、重量40kgの活たこを子どもたちに披露しました。歯舞漁協の青年部員は、子供たちと一緒に結び昆布を作り、昆布漁について解説しました。どちらの授業でも子供たちからは次々に質問が飛び出し、楽しく漁業について学んでいました。
根室地区での出前授業は、来年以降も継続して実施していく予定です。

なみまるくん冊子版バックナンバー