品質管理 品質管理体制

北海道ぎょれん > 品質管理 > 品質管理体制

北海道ぎょれんでは、安全・安心な水産物及び商品(水産加工品)をご提供するため、3つの観点から品質管理体制を整備・運用しています。

1.鮮魚及び加工原料の品質管理

北海道の各漁港で水揚げされた水産物は、そのまま生鮮流通される「鮮魚」と加工場で商品を作るための「加工原料」の2つに大きく分けられます。その安全性と品質の向上のため、下記の取り組みを行っています。


(1)直接漁協市場から搬入される原料魚介類の品質管理

北海道庁と一体となって作成している「全道産地市場衛生管理マニュアル」により、道内全ての荷さばき所、市場の衛生管理水準を維持・向上させる取り組みとして、市場衛生の基本となるマニュアルの項目を順守し、衛生的に魚介類を管理できているかについて各施設等を点検・指導しています。
また、漁協の市場から各生産工場に直接搬入される原料の魚介類は、各々で受入点検を実施しています。そのため北海道ぎょれんは漁協や生産者に対し、鮮度保持や高品質の原料魚介類の供給に向けた協議・検討を促しています。

原料魚介類の品質管理

(2)ぎょれんグループ食品工場への加工原料の供給元での管理

グループ食品工場へ供給される1次加工品の供給元に対しては、北海道ぎょれんが実施する年1回の工場点検時に安全性確認を行っています。

加工原料の供給元での管理

(3)二枚貝類の貝毒監視・管理

道内で生産される二枚貝類(ほたて、ほっき、かき、あおやぎ、白貝等)の貝毒管理を行政機関と連携し実施しています。貝毒の種類については、麻痺性貝毒及び下痢性貝毒の2種類があり、貝の種類別に定められたルールに基づき公的機関での検査を実施しています。

(4)かき貝ノロウィルス監視・管理

「北海道かき生産漁協連絡協議会」において自主検査を実施、行政検査とともに監視・管理体制を構築しています。生食用の製品については定められた海域ごとに最低週1回ノロウィルスを公的機関にて検査判定し管理しています。

(5)放射性物質管理・監視

道産水産物についての放射性物質検査は、行政検査を主体に弊会自主検査にて補完することで安全を確認しています。

2.商品(水産加工品)の品質管理

北海道ぎょれんでは、生産された商品(水産加工品)に対する安全を確保するため、品質管理部が各段階でのチェックや検査を実施しています。


(1)生産工場の点検・指導


(2)製造工程や商品の審査

グループ会社食品工場および製造委託工場については、製造工程や商品の審査を実施しています。また、販売先のPB商品に関する販売先の工場点検にも同行しています。新規の工場商品の取扱いに際しては、点検し基準をクリアした場合にのみ取扱を開始しています。


(3)商品仕様書の一元管理

生産工場の製造する商品について、商品仕様書の作成を指示し、品質管理部にて管理ソフト(e-base)を使用して一元管理しています。

3.ぎょれん直営工場の衛生管理高度化に向けた取り組み

ぎょれん直営工場では、衛生管理高度化に向けた取り組みを実施しています。


(1)各種認証制度取得

  • ぎょれん総合食品(株)食品工場(フライ製品)
    大日本水産会HACCPレベルⅠ
  • (株)ぎょれん道東食品本社工場
    大日本水産会HACCPレベルⅠ
  • (株)ぎょれん道東食品厚岸工場
    大日本水産会HACCPレベルⅠ
  • (株)ぎょれん鹿島食品センター
    大日本水産会HACCPレベルⅠ
ぎょれんグループ食品工場

(2)トレーサビリティ管理システムの導入

「ぎょれん直営工場トレーサビリティ管理システム」を平成23年度より導入。それにより、原料・包装資材などの管理や商品の販売・輸送までの追跡が可能となり、更に電子化によって追跡のスピードアップを図っています。