CSRの取り組み 浜のために、浜とともに

北海道ぎょれん > CSRの取り組み > 浜のために、浜とともに

CSRについて

私たち北海道ぎょれんは、協同組合理念に基づき、各種事業を通じて北海道水産業の振興と発展に貢献することはもとより、社会の一員として社会の期待に応え続けるため、「企業の社会的責任(CSR)の実践」を重要な経営課題と位置付けています。

私たちは、あらゆる事業活動の根幹として、普遍的な「組織理念・行動規範」を明文化し、共通認識を持って事業推進にあたるとともに、社会的な使命を果たしていきたいと考えております。

CSR基本体系
ぎょれん企業概要

コンプライアンス

北海道ぎょれんでは、CSR活動の根幹であるコンプライアンス体制を強化し、職員一人ひとりに遵法意識を徹底させています。また、経営の客観性・透明性をより確保するために、コンプライアンス推進委員会を設置し、法令順守に対する取り組みを重ねていきます。

コンプライアンス推進体制図

SDGsの取り組み

気候変動やその影響に
立ち向かうための緊急対策

海・海洋資源を確保し、
持続可能な方法で使用する

責任ある消費と生産

パートナーシップの活性化

本会CSR活動

環境

・環境基本理念・方針 ・再生可能エネルギーの使用

・二酸化炭素(CO2)排出量の削減…植樹、ブルーカーボン

・海洋マイクロプラスチック…脱・抑プラ宣言(2019.6)

ガバナンス

・コンプライアンス遵守 ・リスク管理…BCP計画 ・協同組合運動の推進

社会

・地域社会への貢献 ・エシカル消費への取り組み ・パートナーシップの活性化


環境貢献活動

本道水産業は、「北海道の恵み豊かな海」という地球の自然環境のなかで営まれています。
私たち役職員一人ひとりが「環境基本理念」と「環境方針」に基づき、今後とも環境に配慮した事業活動を行い、社会に貢献する組織であり続けたいと考えています。


環境基本理念

北海道ぎょれんは、販売事業・購買事業・指導事業・利用事業等を通じて、会員及びその組合員とともに、環境に配慮した事業活動を行い、社会的使命とコンプライアンスを重視し、本道漁業の振興発展と漁業経営の安定化のため、かけがえのない恵み豊かな自然環境の存続に取り組みます。


環境方針

  1. 1.北海道ぎょれんは、環境基本理念に則り、海からの贈り物である海産物の持続的な確保を実現させるために、環境負荷の抑制、再利用、再資源化に取り組みます。
  2. 1.北海道ぎょれんは、環境目標を設定し達成に向けて組織的活動を行うとともに、継続的改善を実施し、汚染の予防に努めます。
  3. 1.北海道ぎょれんは、環境に配慮した水産物の生産・流通に取り組むために全会的に環境方針を周知徹底します。
  4. 1.北海道ぎょれんは、私たちの海を守るための植樹及び脱・抑プラスチック運動に取り組みます。
  5. 1.北海道ぎょれんは、省エネルギーに向けて、電力や燃費の節減に取り組みます。
  6. 1.北海道ぎょれんは、省資源に向けて、紙類の使用制限・再利用などを通じ紙ごみ削減に取り組みます。
  7. 1.北海道ぎょれんは、内外に必要な環境情報の公開と発信に努めます。
  8. 1.北海道ぎょれんは、関連する環境法規制等を遵守します。

お魚殖やす植樹活動

豊かな森は降り注ぐ雨を蓄え、養分豊富な地下水として川へ注ぎます。その水は海へと流れることで魚介類に栄養を与え、豊かな海の恵みを育みます。その森を守るため、北海道ぎょれんでは30年以上前から「森と川と海は一つ」をテーマに植樹運動を展開しており、これまでに全道各地で累計120万本を超える植樹を実施しています。

森から海へ、そして再び森へ。自然の大きな循環とともに。

脱・抑プラスチック運動

廃プラスチック類による海洋汚染問題は、魚類の生態系への影響や、船舶の運航障害など、本道漁業にも深刻な影響をもたらす脅威です。そのため、事業計画の重要な柱に位置付け積極的に取り組んでいます。

本会製造製品の包装資材のサイズ適正化とバイオプラスチックへの切り替え、バイオマスインクの使用

  1. ○バイオマスプラスチックやFSC認証を取得した紙台紙等環境配慮型資材へと変更
  2. ○製造パック数の役20%を入れ替え済み
  3. ○入れ替え加速に向け、中長期の具体的取り組みを検討中
包装資材例

包装資材例

漁業用石油化学製品の再使用、再資源化

〇漁業用資材の具体的な取り組みとして使用済みのナイロン製の刺網を回収し、再生樹脂ペレット化するリサイクルを実施。再生された樹脂ペレットは自動車用品、バッグ、カッパ等様々な商品に利用されています。

〇本会は、2021年度5組合より試験的に回収。2022年度は全道各地から回収し、協業先の苫小牧工場にて加工を行い、リサイクルの促進を図っています。

使用済ナイロン製刺網

使用済ナイロン製刺網

→
再生樹脂ペレット

再生樹脂ペレット

→
再生樹脂使用製品(カッパ)

再生樹脂使用製品(カッパ)

パレットなどプラスチック資材の再利用、再資源化

〇使用済の漁業用魚函、1t水槽タンク、パレット等を回収し、再利用しています。

〇魚函やパレットの再利用に取り組むとともに、2022年度は、メーカーの 三甲(株)・コープさっぽろと提携し、再生リサイクル買い物かごを製造・販売しています。

使用済プラスチック製品

使用済プラスチック製品

→
①再生リサイクル魚函・②再生リサイクル買い物かご

①再生リサイクル魚函
②再生リサイクル買い物かご


全道なみまるクリーンアップ作戦

年々深刻化する廃プラスチック等による海洋汚染問題は、海洋環境の変化等による資源の減少に苦しむ北海道漁業にも影響をもたらす脅威となっています。2050年には海洋に存在する廃プラスチックの総量が、水産資源の総量を超えるという驚きの試算もあり、解決に向けて世界的に取り組まなければならない喫緊の課題と言えます。

こうした状況を踏まえ、北海道ぎょれんの環境基本理念・環境方針に基づく海洋プラスチック問題に対する具体的な取組として、2021年より生産者自らが行う海浜清掃活動「全道なみまるクリーンアップ作戦」を実施しています。

道内を10地区に分け、1年間で5地区にて海浜清掃を実施しており、初年度は各地区の漁協役職員・青年部・女性部・生産者・自治体、北海道ぎょれん他系統団体関係者のご協力により小樽管内古宇郡漁協地区、胆振管内室蘭漁協地区、釧路管内散布漁協地区、北見管内網走漁協地区、留萌管内北るもい漁協地区で活動を行いました。2022年度においては、8月末時点で道内6地区で実施しています。

環境部作成の「全道なみまるクリーンアップ作戦2021」動画

藻場・干潟の整備による環境・生態系保全活動

水産多面的機能

水産業及び漁村は、安全で新鮮な水産物を安定的に提供する役割に加え、国境監視・海難救助による国民の生命・財産の保全、保健休養・交流・教育の場の提供など種々の多面的機能を提供する役割を担っています。

行政からの支援を受け、水産多面的機能発揮対策事業の実施主体として2021年度時点では、道内で104の協議会が組織され活動しています。

使用済プラスチック製品

水産エコラベル

〇水産エコラベルとは、水産資源や生態系などに配慮した環境にやさしい方法で行われている漁業や養殖業で生産された水産物を消費者が選んで購入できるように商品にラベルを表示する仕組みです。

〇「漁業認証」・「養殖認証」・「流通・加工段階認証」があります。

〇北海道ぎよれんでは、「漁業認証」として下記を取得済みです。
・MSC(北海道ホタテガイ漁業)・WEL(北海道秋鮭定置網漁業)

MELとは

〇MELは日本発の水産エコラベル。持続可能で環境に配慮された我が国水産物の販路拡大、消費の増加に向けて、小規模で多様な漁業が多種多様な魚種を利用している我が国水産業の実態などに対応した水産エコラベル。

MSCとは

〇イギリスのMSC(海洋管理協議会)が運営する認証スキーム。世界では3 2 9 漁業が認証を取得。我が国ではホタテガイ(北海道)、アカガレイ(京都府)、カツオ 及びビンナガ(宮城県)の4漁業が認証を取得。


IUU漁業の撲滅

〇IUU 漁業とは、「違法・無報告・無規制」に行なわれている漁業のことです。IUU漁業には、いわゆる密漁だけでなく、不正確および過少報告の漁業、旗国なしの漁船による漁業、地域漁業管理機関(RFMOs) の対象海域での、認可されていない漁船による漁業も含まれます。現在、世界の海では、このIUU漁業が海洋の環境を悪化させる大きな要因の一つになっています。

〇IUU漁業の撲滅には、違反の根絶・除去が肝心ですが、これに加えて、国内外を問わず川上から川下に至る流通面から、適切に漁獲された水産物を証明することにより、違反な漁獲物を排除することを目的とした水産物流通適正法が制定されました。

〇漁協系統は、ナマコ・アワビが適正に漁獲された証明として漁獲番号を付与し、伝達することとなっています。


密漁防止対策

〇漁協系統として、「北海道密漁防止対策協議会」を組織し、国や道、市町村、警察や海上保安部と連携して、漁業者•漁協が自ら取り組む漁場監視活動、密漁防止に向けて組織的に行動しています。

〇活動内容は、密漁防止に向けて、ポスター・立看板・監視カメラの設置、パトロールを行っています。

密漁対策として、行政に対し夜間の潜水禁止(届出)による抑止を要請しています。近年、クロマグロについては制限が加えられましたが、水揚げが低位で推移している秋鮭、自主的に資源管理を行っているホッケなどが、遊魚・釣りなどにより捕獲されています。2021年には、秋鮭釣りをしていたゴムボートが転覆する事故、ごみの不法投棄なども発生し、秩序の確立が求められています。

藻場・干潟の整備による環境・生態系保全活動
藻場・干潟の整備による環境・生態系保全活動

密漁罰則内容の周知ポスターの発行


福祉施設寄贈

北海道ぎょれんは、1993年より札幌市内の児童福祉施設へ年末に水産品を寄贈しています。

施設数 札幌市内14か所
対象児童数 842名(R3/12月時点)
寄贈品内訳 ・冷凍ほたて ・昆布巻(にしん)
・秋鮭切身 ・昆布巻(さけ)
・いくら齧油漬
感謝状

今後は全道域に対象を広げる予定です。


食育活動

道産水産物の消費拡大と魚食普及に向けて、料理教室の開催、学校や他団体と協力して行う食育教室、食を学ぶ学生を対象とした食育講座など、子どもから大人までを対象にさまざまな形で食育活動を実施しています。

浜のお母さん料理教室

浜のお母さん料理教室

漁師さんの出前授業

漁師さんの出前授業

栄養教諭向け和食料理講習会

栄養教諭向け和食料理講習会

北海道コンサドーレ札幌と共催の食育イベント

北海道コンサドーレ札幌と共催の
食育イベント

北海道コンサドーレ札幌と共催の食育イベント

北海道コンサドーレ札幌と共催の
食育イベント

調理師学校での食育授業

調理師学校での食育授業

昆布食育キットの貸し出しと昆布丸ごと体験学習

昆布食育キットの貸し出しと昆布丸ごと体験学習


北海道ぎょれん奨学金制度

道内漁協では新規採用職員の減少や職員の早期退職傾向が続いており、職員の確保に向けた対応策が求められています。また、漁協職員を養成する全国漁業協同組合学校においても近年は、進学を希望する学生が減少傾向であり、人材確保、育成にかかわる基盤が揺らいでいる実態となっております。
そうしたなか、北海道ぎよれんでは漁協の即戦力となる人材資源の確保に向け、全国漁業協同組合学校の学生に対して学费および経费支援を行うとともに、一定期間、漁協・漁協系統または漁業者として就業することにより返済免除となる「北海道ぎよれん奨学金制度」を創設し、2021年4月入学者から運用を開始しています。

千葉県柏市にある全国漁業協同組合学校

千葉県柏市にある全国漁業協同組合学校

奨学金制度概要

実積 2019年度
第80期
2020年度
第81期
奨学金制度開始
2021年度第82期
2022年度第83期
全国入学者数 8名 8名 14名 8名
内 北海道からの入学者数 7名 3名 6名 7名
内 北海道ぎよれん奨学生数 - - 3名 6名
奨学生の内訳 - - 小樽水産高校、
枝幸、根室
雄武、羽幌、別海、
紋別、枝幸、松前

学研漫画の制作と寄贈

2022年3月北海道ぎょれんが取材、写真、資料提供などを協力し、学研漫画「秋さけのひみつ」「ほたてのひみつ」「こんぶのひみつ」を発刊、非売品として全国の小学校と公立図書館合わせて約2万5000冊を寄贈しました。
なお、2023年3月を目途に「漁業協同組合のひみつ」を発刊予定。上記と同様に、非売品として全国の小学校と公立図書館に寄贈を行い、漁業協同組合の仕組み・活動について、子どもたちに広く普及することを目的に準備を進めています。

学研まんがでよくわかるシリーズ
(株)学研プラスが発行するこどもが楽しく学べる「学習まんが」。1972年の発行から40年以上にわたるロングセラーとなっており、食べ物、職業、スポーツなど実社会と関わりのあるさまざまな事柄をまんが形式で学べる学習教材として制作されています。

学研まんがでよくわかるシリーズ

他業種との連携

北海道ぎよれんだけでは解決が困難な社会的•環境的な課題を解決するため、積極的に他業種や同業種の連携を進めています。それぞれが有する専門的知見の共有化や資源を有効活用することで各課題に適切に対処し、解決に導いています。2022年3月には北海道立総合研究機構と、2022年5月には北海道大学と包括的事業提携を締結しています。

2020年6月、ぎよれんやJAグループ、北海道生協連など18団体により「協同組合ネット北海道」が発足。協同組合間の連携を通じて、地域の課題解決に向け取り組み、社会貢献への活動を展開しています。

「飲もう!牛乳キャンペーン」新聞広告

「飲もう!牛乳キャンペーン」新聞広告
(2022年4月28日 北海道新聞朝刊に掲載)

協同組合ネット北海道

ホワイト物流への取り組み

〇年々厳しさを増している物流環境に対応すべく、国が2019年より展開する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、2022年1月に自主的行動宣言を発しました。これは、全国の漁業協同組合関連団体では日本初となります。

〇これまでも、本会は道内水産関連品の持続的、安定的な物流体制の構築を目指し、取り組んできましたが、今後も、グループ一丸となり、企業の社会的賁任の一環として持続可能な物流の実現を目指します。


エシカル消費の推進

〇「エシカル消費」というのは、環境や人権に対して十分に配慮された商品やサービスを選択して買い求めることをいいます。

〇近年は、商品をつくるために、劣悪な労働環境が常態化していたり、絶滅が危惧される動植物が犠牲になっていることがわかると、その商品を買わないという 選択をする消黄者が増えてきました。特に欧州では環境や人権に対する意識の高まりもあり、FSC®認証やMSC認証のラベルをつけた商品が目立つよう になってきています。

〇消費者の行動として挙げられるのが”フェアトレードの商品を選ぶ。(適正な価格で継続的に取引された原料や製品を使った商品を選ぶ)””再生可能エネルギー、エコ商品を選ぶ。(リサイクル素材を使ったものや資源保護などに関する認証がある商品を買う)” ”地産地消の商品を選ぶ。”

〇北海道ぎよれんは、これまである通り、河川海洋環境の保全、再生可能エネルギーの活用、適正表示、密漁防止を含めたIUU漁業への対応など環境•社会貢献活動に取り組むとともに、エシカル消費を推進します。


省エネ型漁業の推進

国の支援事業を活用し、省エネ型漁業への転換をサポートしています。
この活動によって、さんま漁の集魚灯のLEDへの転換、燃費効率の高い船外機の導入等が数多く進められました。

省エネ型漁業の推進

藻場・干潟の整備による環境・生態系保全活動

近年、藻場・干潟が持つ水産資源の保護や培養、水質浄化などの機能が低下していることを受け、ぎょれんが事務局となり、国・道・市町村の交付金を利用して、道内の藻場・干潟の整備をしています。

藻場・干潟の整備による環境・生態系保全活動