ここで審査会の様子をご紹介!

書類審査では皆様からいただいたレシピを1通1通、しっかりと拝読させていただきました。
いずれ劣らぬ力作ばかりで選ぶのが本当に大変…でしたが、なんとか試食審査へ進むレシピを選びきることができました。

2012年1月30日、東京。
書類審査を通過したレシピをホームメイド協会の先生方のご協力のもと、忠実に再現。試食審査会が実施されました。審査委員長のケンタロウさんも、テーブルの端から端までずらりとならんだ色とりどりのほたて料理にビックリ&感激。審査会が始まると、審査員一同、審査のポイントである調理スピードと調理の簡単さ、料理の味や見栄えなどを真剣にチェック。
ケンタロウさんを中心に意見を交わしあいながら、今回のコンテストにふさわしいレシピを10点、選出しました。 .

受賞レシピは、数多くの素晴らしいレシピのなかから選ばれただけあって、どれもスピード・手軽さ・味がそろった逸品ばかり。
是非ともご家庭で、全レシピ試してみて下さいね!!


■試食審査を終えて~ 審査委員長ケンタロウさんのコメント

【総 評】

今回審査した作品はバラエティに富んでいて、和洋中の様々な調理法のレシピの応募があったのも北海道のほたてという食材ならでは。

何にでも染まることが出来るけど、決して埋没しない。
そんな特徴をもつほたてだからこそ、今回応募された方々にとってレシピを考えやすい面もあったでしょうが、逆に難しかった面もあったのではないでしょうか?

普段ご家庭でつくっているようなシンプルなレシピから、創意工夫された凝ったレシピまでいろいろありましたが、その中でも、現実味があって、すぐつくれる、定番になりそうなものを選ばせて頂きました。

コンテストというと、ちょっと変わった、ひとひねりしたものやキャッチ-なものが目立ちがちで、審査する側も目新しいものをついつい選びがちですが、今回は面白いだけのものは選ばず、実際に家で作れる、家で出てくるような、本当に日常的につくりたいと皆さんに思ってもらえるようなレシピを意識して審査しました。

それと余談ですが、応募作品を見ていると皆さん、写真の撮り方がとてもうまくて、これにはびっくりしました。


トップページへ戻る