WEBマガジン なみまるくん

新星マリン漁協 臼谷漁港 極寒の日本海にある冬の味覚 銀杏草

生徒たちには秋鮭の解剖やいくら作りも初めての体験。手作りいくらの試食も行われ、秋鮭について五感で学ぶことができました

生徒たちには秋鮭の解剖やいくら作りも初めての体験。手作りいくらの試食も行われ、秋鮭について五感で学ぶことができました

昆布に含まれるアルギン酸を使用した実験で、体内でどのように働くかを学習しました

昆布に含まれるアルギン酸を使用した実験で、体内でどのように働くかを学習しました

東京・立教女学院で食育教室を開催しました

 2019年10月16日(木)と2020年1月15日(水)に、東京の中高一貫校 立教女学院中学校・高等学校で食育授業を行いました。生物の学びを実生活に生かすことを目的に、高校2年生の生物の授業として行われた今回の食育教室。10月の開催では、秋鮭漁業や栄養についてぎょれんの職員が講義したのち、秋鮭の解剖・観察とともにいくら作り体験・試食を行いました。この授業の後、11月にはほたての解剖・観察を行っており、秋鮭やほたてを丸のまま見る機会の少ない生徒たちには貴重な体験となったようです。
 また、1月15日には昆布を中心とした授業が行われ、昆布について昆布水の飲み比べや実験を交えて学んだ後、秋鮭とほたて、昆布を使用した寄せ鍋を試食しながら、事前課題とされていた「簡単鮭とホタテのレシピ」「魚の消費量を上げるためにどうしたら良いか」について生徒から報告がありました。
 なお、この授業は来年度からカリキュラムの一部に組み込まれ、継続されていきます。

ぎょれんホームページで海外で道産水産物が食べられるお店を紹介しています

 2020年1月より、ぎょれんのホームページでは海外で道産水産物が食べられるお店を紹介するページを新たに公開しています。ページは日本語と英語の2か国語で閲覧することができ、海外の方が自国で道産水産物を食べることができるお店を調べることができるほか、情報発信の場としても活用し、今後は宣伝・販促活動にも利用していく予定です。一方で、国内に向けては道産水産物が海外でどのように食べられるかを知ることができ、道産水産物というブランドのPRを図っていきます。
 現在はシンガポールの店舗を掲載しており、今後順次追加していく予定です。


海外でも食べられている、北海道の新鮮魚介。ページはこちらから

なみまるくん冊子版バックナンバー