浜通信 ひと・くらし

新星マリン漁協 臼谷漁港 極寒の日本海にある冬の味覚 銀杏草

浜通信 ひと・くらし(2月) 新星マリン漁協 臼谷漁港 極寒の日本海にある冬の味覚 銀杏草

北海道の冬の味覚とされている銀杏草。「草」と言っても山ではなく海で育つ海藻だ。日本海側を主な生産地とし、商品になるまで全てが漁師さんの手作業となるため希少価値が高く、市場では高級な天然海藻として扱われている。

 海藻の形が丸く、まるで仏様の耳たぶの様に見えることから、別名「ほとけの耳」とも呼ばれる銀杏草。地元では寒い季節になると食卓に並び、冬の訪れを感じる食材とされている。毎年1月中旬から始まる銀杏草の操業だが、今年は繁茂状況が遅かったためスタートが半月遅れの2月上旬。取材に訪れたその日は、臼谷漁港の漁師さん16名が待ちに待った銀杏草の操業初日だった。
 漁が始まるのは、あたりが明るくなる7時ごろ。気温マイナス10度の浜辺に漁師さんが網を持って集まり準備を行っている。水深50センチから1メートルほどの岩盤を漁場として、厚いウエットスーツを着込み完全防備で作業開始だ。2月上旬の水温は約2度とかなり厳しい。メガホン型の海中メガネを使い銀杏草を手摘みし、腰に巻いてある網に入れていく。海に入ったまま網がいっぱいになるまでの約3時間、過酷な環境での作業となる。冬の海での手摘みと、水揚げしてからの選別作業も全て手作業であることから出荷量は多くなく、市場に出回るのが僅かなため希少な高級食材として扱われているのだ。生の銀杏草の美味しさをぜひ知って欲しいと地元の漁師さんはいう。
 地元では冬の旬の味覚としてお馴染みの銀杏草。おすすめの食べ方を2つ教えてくれた。一番人気なのは味噌汁の上に後のせして、生の食感を楽しむコリコリ派。もう一つのおすすめは、じゃがいもと一緒にトロトロになるまでじっくり煮込み、磯の風味を味わうトロトロ派。こちらは年配の方に根強い人気の食べ方らしい。自分の好みの食べ方を探してみるのも楽しそうだ。
 地元でも、生の銀杏草を食べることができるのは限られた期間のみ。日本海の冬の厳しい寒さに育つ銀杏草は、旬の味わいを堪能できる昔ながらの食材として根付いているのだろう。

※下記の写真をクリックすると、それぞれの取材記を見ることができます。

  • 操業スタート
  • 全てが手作業
  • 育ちやすい環境
  • 水揚げ
  • 束の間の休憩
  • 安全確認の目印
  • 海での操業から陸作業へ
  • 丁寧に一つずつ
  • 赤葉銀杏草
  • 全て手作業で出来上がり
前の月次の月
バックナンバー
webマガジンなみまるくん
なみまるくん冊子版バックナンバー