ニュースリリース

北海道ぎょれん > ニュースリリース > ぎょれん丸不祥事に係るお詫び

ぎょれん丸不祥事に係るお詫び

 去る2月13日、稚内海上保安部から書類送致されましたぎょれん丸の不祥事につき、深くお詫び申しあげます。

 今回の経緯ですが、船長指示により船員4名(船長含む)が使用済み燃油ホースを海洋投棄した旨の内部通報があったため、本会としても事の重要性から、コンプアライアンス規程に則り調査を開始しました。その結果、これが事実である可能性が高いとの認識を得たため、すぐに稚内海上保安部へ報告。4ケ月程の捜査を終え、今回の書類送致に至りました。
 北海道の海を生業とし、誰よりも海を大切にしなければならない立場にありながら、海を汚すという不祥事をおかしてしまいましたこと慚愧に堪えません。
 弊会と致しましては、この決定を厳粛に受け止め、検察の取調べ前ではありますが内部コンプライアンス委員会で関係者に対する処分を行いました。
 また、二度とこのようなことを起こさぬよう、改めて船員に対する規律、教育を行いますとともに弊会と致しましても、運航管理体制を大幅に見直すことで再発防止を図って参ります。
 今回の件で漁協、生産者の皆様並びに道民、国民の皆様に大変なご迷惑をおかけいたしましたこと真摯に反省致しますとともに、重ねてお詫び申しあげます。