動画で見るお魚料理の基本とコツ アイデア・プラス

出ダシが肝心!
真だらの寄せ鍋

家庭料理研究家 東海林 明子さん

北海道の冷たい海で獲れたたらは身がしまっていて旨みも抜群!
どんな料理にも合う万能な真だらを今回は北海道の昆布を使って上品な鍋に仕上げましょう。

YouTube ぎょれんチャンネル

こちらの動画コンテンツはYoutubeの「北海道ぎょれん 公式チャンネル」でもご覧いただけます。

北海道の「たら」

おさらい。さぁ、やってみよう!

たらの下ごしらえをする

たらの身と白子の下ごしらえをする

・たらの身は水洗いをして水気を拭き取り、塩をして10分置いた後、少し大きめに切ります。
・白子は筋の部分をキッチンバサミで一口大になるよう切り、海水より少し濃い塩水に15分ほど浸します。

鍋のスープを作る

鍋のスープを作る

・昆布を乾いた布で軽く拭き、水から煮ます。細かい泡が出てきたら、弱火にして煮立つ寸前に火を止めて調味料を加えます。
昆布だしのとり方について、詳しくはこちら。

具材を煮る

具材を煮る

・スープを土鍋に移し、火の通りにくい順に具材をいれていきましょう。まずは火の通りにくい野菜。煮えてきたら、たらの身を入れます。たらの身の色がかわってきたら、白子と春菊を入れてひと煮立ちさせ、完成です。


たらの寄せ鍋

鮭の三平汁

真だらの上品な味を活かすっため、昆布でだしをとり、薄味で仕上げました。白子を加えることで風味ゆたかになります。野菜はお好みのものでアレンジしてください。

レシピはこちら

たらのみぞれ鍋

鮭の三平汁

材料の種類が少なく、身近なものばかりなので、普段の鍋としておすすめです。大根おろしがたっぷりの汁も一緒にいただきましょう。体がポカポカ温まりますよ。

レシピはこちら