北海道ぎょれん
産直ネットショップ
北海道の秋鮭いくら
北海道のほたて
北海道のこんぶ
系統ブランド資材商品カタログ

おすすめレシピ365

鮭とセロリの香りご飯

鮭とセロリの香りご飯
鮭とセロリの香りご飯

セロリが苦手な方は、セロリの代わりにレタスを、セロリの葉の代わりにはパセリを使っても美味しく作れます。黒こしょうを多めにかけて、ちょっぴり大人の味で食べてみてください。

材料 (4人分)

米・水
各2カップ
サケ(塩抜きした山漬け※、または生サケ)
2切れ
セロリ
1/2本
シメジ
1/2パック
セロリの葉
少々
黒粗挽きコショウ
少々

材料A

大さじ1
オリーブ油
大さじ2
小さじ2/3

材料B

塩コショウ
少々
醤油
小さじ2

作り方

  1. 米は洗って水2カップにつけておきます。

  2. 鮭は骨を除き、皮はつけたまま2センチ角に切り、(B)の下味に5分ほどつけておきます。

  3. セロリは筋をとって斜め薄切り、シメジは小房に分けます。

  4. (1)の米に(A)と(3)を加えて軽く混ぜ、その上に汁気をきった(2)の鮭をおいて炊きます。

  5. 仕上げにみじん切りのセロリの葉を加えて混ぜ、黒粗挽きコショウを少し多めにふります。

  • 【山漬けの塩抜き方法】山漬けの切身をバットなどに並べ、切身が浸るくらいの水と、塩をひとつまみ加えます。 山漬けの塩分や調理法に合わせて、涼しいところで2~3時間または半日程度つけてください。途中で水を取り替えると、早く塩分が抜けます。 水から出した切身は、キッチンペーパーで余分な水分を除き、調理してください。

おすすめ関連レシピ

さけ・いくらのレシピ

いくらにしっかりと味をつけたい場合は、半日から1日くらいおくと、味がなじみます。...

ご飯・パンのレシピ

ほたてのおいしさをたっぷり味わえる、ちょっと豪華なお茶漬けです。「ネギだれ」が美...