WEBマガジン なみまるくん

アーカイブ

浜通信番外編 北海道の海で栄える 貝産王国

少し肌寒い天気ではありましたが約70名が参加しました
写真を拡大

少し肌寒い天気ではありましたが約70名が参加しました

閉会式にて挨拶をする利尻漁協の白取組合長
写真を拡大

閉会式にて挨拶をする利尻漁協の白取組合長

閉会式にて挨拶をする利尻漁協 仙法志支所 高橋女性部長
写真を拡大

閉会式にて挨拶をする利尻漁協 仙法志支所 高橋女性部長

令和4年度全道なみまるクリーンアップ作戦が始まりました

 2022年4月29日(金・祝)、利尻郡利尻町において、今年度1回目となる「全道なみまるクリーンアップ作成」が実施され、約1時間30分の活動で金属類やペットボトルをはじめとしたプラスチック類など5.4トンのごみを回収しました。

 「全道なみまるクリーンアップ作戦」は、ぎょれんの環境基本理念・環境方針に基づく海洋プラスチックごみ問題に対する具体的な取組として昨年度から実施しているもので、道内を10地区に分け、1年間で5地区の海浜清掃を実施しています。昨年度実施した小樽・胆振・釧路・北見・留萌に続き、今年度は稚内・桧山・渡島・根室・日高での実施を予定しています。

 この度の稚内地区の活動は、利尻島南部の利尻漁協・仙法志支所と共同で開催。新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底しながら実施されました。気温10度に満たない寒空の下、利尻漁協の組合員や役職員、女性部員をはじめ、ぎょれんおよび信連の役職員、利尻町職員、さらには利尻高校の生徒や教職員も参加し、総勢約70名が利尻町仙法志神磯地区における約1kmの海岸に流れ着いた漁網やロープなどのごみを回収し、利尻郡清掃施設組合・ごみ焼却場へ運び込みました。

試合開始前の贈呈式で目録を受け取った井川選手
写真を拡大

試合開始前の贈呈式で目録を受け取った井川選手

北海道コンサドーレ札幌の選手へ目録の贈呈式が執り行われました

 ぎょれんは過年度から引き続き、2022シーズンも北海道コンサドーレ札幌とクラブパートナー契約を締結しており、「食で健やかな体づくりを目指すパートナー」として、共に全道で食育活動を行っています。

 この度、北海道コンサドーレ札幌の一層の活躍を願い、アカデミーの寮生たちの生活拠点であり、トップ選手も食事に訪れる「しまふく寮」へ、秋鮭、ほたて、昆布をはじめとした道産水産物50万円分の贈呈式が行われました。

 贈呈式は、2022年5月25日(水)に札幌ドームで行われたホームゲームにおいて執り行われ、大勢のサポーターが見守るなか、井川選手が代表して目録パネルを受け取りました。

なみまるくん冊子版バックナンバー